YUCACOシステム研究会の概要


団体名

YUCACOシステム研究会

(英語表記:YUCACO ENGINEERS SOCIETY 略称:YES

 

設立の経緯

 床下空間を暖冷房装置に利用する方法は古くはオンドルとして朝鮮半島に起源を有するが、日本の住宅でも、戸建住宅の床下に熱源(蓄熱式暖房装置やエアコン等)を設置し、室内空気を循環させて暖房システムとして使う方法が住宅設計者あるいはハウスメーカーや工務店によって20年以上前から試されてきた。また、集合住宅でも床先行工法(主に階下騒音の低減のため二重床構造を先行して施工する方法)によって生じた床下空間をチャンバーに見立てて冷温風を吹き込み、床(または幅木に)開けた吹出口から冷温風を出して空調する方法が、10年以上前から複数のゼネコンによって提案されてきた。因みに 商業ビルにおいては床下や天井空間をチャンバー・ダクトに用いる空調システムは研究開発が進み、近年一般的な方式として採用されるに至っている。

 

 また、平成11年の新省エネ基準制定以降 住宅の気密・断熱性能が向上したため、暖房負荷が減少し1台のエアコンで無理なく住戸全体を空調することが可能となっており、東大名誉教授坂本先生の提唱する「高気密・高断熱な躯体性能を有する住宅を高効率エアコン1台で全館空調する」と云うコンセプトを実現するシステムの普及条件はいよいよ整ったと思われ、今般この方式を広く世間に広めるべく本研究会を設立するに至ったものである。

 

設立年月日

2012121

 

所在地

 千葉県柏市あけぼの三丁目1-19 〒277-0841

役員

会長

坂本雄三

(東京大学名誉教授)→プロフィール

副会長

廣石和朗

(株式会社FHアライアンス 代表取締役社長)

事務局長

櫻井良一

 

テクニカル

アドバイザー 

井口雅登

(個人)

活動内容

1.本システムの技術開発および市場開発に役立つ知識と情報の収集と整理
2.上記の知識と情報に関わる会員向けセミナーや会員相互の懇親の場などの開催
3.本システムの技術的なフォロー、及び、改善に向けた研究開発
4.本システムの広報および普及活動
5.関係団体、グループとの相互交流
6.本システムに関する図書、技術資料の整備

 

関連組織

(仮称)YUCACO推進協議会(平成25年4月 設立予定)